NNN臨時放送

元々は【明日の犠牲者】とも呼ばれる都市伝説。深夜に放送が終了した後に流れるカラーバーが、突然ゴミ処理場とも、工場ともとれる風景に切り替わり、謎の名前のリストが映画のスタッフロールのように上がっていくという都市伝説。

昔は深夜放送がほとんどなく、テレビが砂嵐の画面になるとか言われた頃の話で、カラーバーではなく、砂嵐だと言われていたり、名前のリストの後にナレーションが入る等、細部は派生しています。

『テレビの砂嵐の画面をずっと見つめていると何かが映る』というタイプの都市伝説の派生ではないかと思います。

明日の犠牲者】という名称は、もっとも有名なパターンが、リストが流れ終わった後に流れるナレーションの「明日の犠牲者は以上です。おやすみなさい」から。

最近は再現動画のタイトルの【NNN臨時放送】の方が認知度が上がっています。

ただし、再現動画はちょくちょくネタが挟まれていて、『はんにゃ ロッカールーム』でヒットする動画にも使われている【妖怪人間ベム】のベラを太らせたような女の画像が出てきたり、なんとなく不安になる異形の人みたいのが映ってます。リストもリストでネタ混ざってるし。

下の動画が【NNN臨時放送】です。

検索してはいけない言葉一覧

初級

中級

上級

論外

  • 【叫べ!ガッチンポーのテーマ】
  • 【hyde】
  • 【USB オナホール】